劣化を診断する

海外の街

大規模修繕の進め方について

新築の家を建てたら数年で劣化するからマンションのほうがずっといいと思い込んでいても、マンションも長く住んでいると劣化していくことになるのです。 マンションの劣化が進んでしまうと資産価値が減り、居住性も損ねてしまうので一棟全体を大規模修繕したほうがいいのです。 マンションを大規模修繕する場合には、まず管理組合を立ち上げることになります。その管理組足で大規模修繕をどのように進めていくのか話し合いを進めます。 マンションの劣化具合やどこを修繕するのかは、無料診断をしてくれる施工業者に依頼するとよいでしょう。 進め方としては、施工業者に最初からすべてお願いをするか、マンションに委託している管理組合に依頼するか、または住んでいる人たちだけで勧めていくかのどれかになります。

施工業者を決める時の注意点とは何か

マンションの大規模修繕をするにはどこが劣化しているかを診断する必要があります。施工業者の中には無料診断しているところがあるのでお願いするといいでしょう。 大規模修繕で行うことは、外壁塗装、鉄部塗装、バルコニーと廊下の防水、必要に応じてエントランスなどの改修などがあります。工事中は、マンション全体を足場を組み覆うことになります。 住んでいる人はそのままいつもの生活をしながら施工業者が大規模修繕をすることになるのです。そのため、住んでいる人にとっては、日中でも暗くなり洗濯物が干せないのではないか、プライバシーがなくならないかなどの心配があるかもしれません。 最近の大規模修繕では、マストを立ててデッキで作業を行うところもあるのです。 大規模修繕が終了してもアフターケアに力を入れているか、実績があるかなどを考慮に入れて施工業者を決めるとよいでしょう。